ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

紙バンドで日本刀 まだまだやってたり


f:id:hato_pyon:20200909064618j:image

紙バンドでの日本刀作り、地味に続いていたりする。

サヤを編むのをやめ、普通に骨組みに表層を貼り付ける形式に変更。形がカッチリして良い。どう貼り重ねるかもまだまだ探求の余地はある。

 


f:id:hato_pyon:20200909065008j:image

ただ普通に作ってもなぁ……と思って、突然スワロフスキーを貼ってみることにする。

抉らないで表面に貼り付けるだけだとポッコリ出しゃばるので、鯉口側に貼るのは断念して鐺側に。

 


f:id:hato_pyon:20200909065301j:image

最初から埋め込む場所を決めて、深く埋め込まないと駄目なようだ。ガラスと紙はただ接着とはいかないのだが、やっつけで作ったホルダーはそれなりに機能してくれた。

 


f:id:hato_pyon:20200909065553j:image

勢いでスタンドまで製作。紙バンドを貼り重ねた板材を組み合わせただけだが、離れてみるとそれなりに格好いいな。製作中の置き場所にも良さそうだし、スタンドはもう少し真面目に作るべきだな。

実のところ、100均でブックエンドでも買ってくるのが安くて早くて丈夫だと思う。刀本体じゃないから自作にこだわらなくても……と思えればブックエンド加工やダンボールでチャチャッと作るのが正解だろうな。

 

次回はスワロフスキーの埋め込み方だな。

紙バンドで日本刀プロジェクト(サヤ)


f:id:hato_pyon:20200715201237j:image
f:id:hato_pyon:20200715201250j:image

さて、サヤも作って紙バンド日本刀プロジェクトも完了とする。

 

結局、鯉口はシンプルにハバキのサイズに合わせて巻いただけだ。作ってみたら、保持力はこれで十分。

せっかく紙バンドなので、どこかにカゴ編みの要素を取り入れたいと思ってサヤは編んでみることにした。ある種独特の風合いはあるが、抜き差しの時にたわむ感じがして挿抜感はあまり良くない。次があるなら、別の方法をとろう。

 

ま、課題は色々あったがこれで第一段階は完成とする。

紙バンドで日本刀プロジェクト(ツカ)

刀身、ハバキ、ツバ、ときたら後はツカだなぁ。

 

実際には左右2つ割りにした木を刀身に合わせてピッタリ削り、刀身を挟み込む。その上に鮫皮を巻き、目釘という留めピンで固定。さらに仕上げでヒモを巻く……と結構手のかかった構造らしい。

 

正直、紙バンドで目釘の再現は困難だと判断し、省略。鮫皮も紙バンドで巻く必要はなかろう。目釘の代わりに摩擦力に頼る事にして、まずは刀身ピッタリに紙バンドのスリーブを作ってみる。


f:id:hato_pyon:20200705195248j:image

例によって、現物合わせで作ってみる。最終的にツカ巻きで2回りは太くなるので、最初は必要最小限の太さでいい。


f:id:hato_pyon:20200705200406j:image

とはいうものの、あまりに細かったので鮫皮代わりにぐるりと一周紙バンドを巻く。上下面はツカ巻きで隠れるので、隙間は上下面に集めて左右の平らな面をきれいにすると良い。そしてツカの前後端に補強金具(を模した紙バンド)を取り付ける。


f:id:hato_pyon:20200705202244j:image f:id:hato_pyon:20200705202145j:image
ツカ巻きは、意外と長さが要った。ツカが30cm弱、6本幅で2.5mくらいは使う。

巻き方は複雑に見えるが、一回ひねって下の段にシフトしていく作業の繰り返し。理屈はシンプルだ。でもシンプルだからといって簡単ではない。

ツカ巻きの最後は、金具(を模した紙バンド)を通して既に巻いたヒモに結んで留める。ちゃんとした結び方はよくわかってないが、まぁいいや。


f:id:hato_pyon:20200705200853j:image
そんなこんなで、まぁできたことにするか。


f:id:hato_pyon:20200705202455j:image

こんな感じでパーツは分解できる。

ツカは目釘なしでもブンブン振り回したりしなければ問題ないが、特に分解する気がなければ接着するのが無難だろうな。

やはり揺らすと切っ先がユラユラする程度の強度なので、チャンバラは禁止。コスプレ用がせいぜいって感じかな。チャンバラするなら木か何かで心材が欲しい所。

 

今回は実験なので試しに接着して強度の違いを見てみたが、確かに接着した方が若干強度は増すようだ。でも結局長い刀身の強度が増すわけではないので、若干……でしかない。

チャンバラは無理って事で。危ないし。

 

 

 

紙バンドで日本刀プロジェクト(ツバ)

ツバってのは素人の俺でも知ってるくらい、有名なパーツ。とりあえず試作で作るだけなら適当な円盤で良いんだろうが、俺のイメージする「作り方」がどの程度現実的か試してみる。

 

f:id:hato_pyon:20200630225252j:image

刀のツバというと小判型のイメージだったんだけど、資料を色々見てみたら円形のものがかなり多い。小判型のイメージ、どこで付いたのかなぁ。

 

まぁこの辺は時代や文化圏、職人の腕や趣味で好き勝手やっていい部分のようなので、好みで作って良いんだと思う。

 

中心の穴はもちろん刀身本体を通す穴だが、一回り小さな穴が片側、あるいは両側にあるものが多い。どうやらサヤの側面に溝を掘ってコヅカ(ミニナイフ)、コウガイ(エチケット棒)というオプションを装着した時に取り出せる小窓らしい。

もちろんそんな複雑になるモノはオミットするのだが、ツバの小窓はあった方がソレっぽい気がするので作ってみる。


f:id:hato_pyon:20200630230633j:image

まずは外枠。だいたい10cm弱位が普通サイズらしい。もちろん好みで、大きさにしても形にしても自由に作って良いと思うが。

ダンボールで形を作り、細切りの紙バンドを巻いて外枠を作る。


f:id:hato_pyon:20200630230833j:image

刀身に紙バンドを巻きつけて、中央の穴部分を作る。同様に、一回り小さい小窓枠も作って中央の穴枠に接着。

外枠と中心を方眼入りのカッティングマットに両面テープで固定するが、テープはベタベタ触って粘着力を落としておく。

もちろん位置はこの時合わせておく。


f:id:hato_pyon:20200630231222j:image

細切りにした紙バンドを滴型にボンドで貼り、中央と外枠の間に貼っていく。この時、上に貼ったら次は下、右に貼ったら次は左、と「反対側」に貼っていく。一部分を集中して埋めるのではなく、隙間を半分、半分と割っていく感じ。

滴型の長さは現物合わせで、「ちょっと抵抗があるのを、紙の弾力で押し込む」感じにちょっとずつ切っていく。短くし過ぎて隙間ができるようだとアウト。

 

これを考えたのは自転車のスポークの張り方の手順から。

 

そんなこんなで完成したのが、最初の画像のもの。テキトーに作った割に、意外と格好いいじゃないか。


f:id:hato_pyon:20200630232048j:image

さて。ツバを刀身に固定するのに、ワッシャーのような金具を挟むらしい。モノによって色々複雑な金具を組み合わせるモノもあるようだ。

まぁ今回は普通にワッシャー状のパーツ(卵焼きみたいだな)でツバを上下から挟む形にする。これをツバに接着してしまう事で、ツバの滴型の根元の接着面積を増やす作戦(強度アップ)。

 

紙バンドで日本刀プロジェクト(ハバキ)

どうやら、日本刀には刀身を支えるハバキという金具がハマっているらしい。

 


f:id:hato_pyon:20200629223049j:image

この画像でいう黄色いパーツの部分ね。

まず刀身の根元を支える事、次にこれより下のツバを支える事、さらにサヤと刀身を固定するなど小さいパーツながら日本刀の骨盤ともいうべき重要なパーツらしい。

 

ま、言ってるのは俺だけだけどな。

 


f:id:hato_pyon:20200629223755j:image

付け外し可能にしたり、端が目立たないようにしようとして厚ぼったくなってしまった。でも付け外し可能にしようとするとどうしてもこうなるだろう。

分解とか気にしなければ、ぐるりと一周紙バンドを巻きつけるのが簡単だろうな。

紙バンドで日本刀プロジェクト(刀身)

皆さん、紙バンドってご存知でしょうか?

昭和のオバチャンたちが編んでバッグ作ったりしてたヤツですよ。


f:id:hato_pyon:20200628185133j:image

こんなの。

 

書店で何気なく手にとったクラフト本で、この紙バンドでミニチュアや日本刀作っている人がいると知って、ビックリ。カゴやバッグを作るもんだとしか思ってなかったからなー。

 

そこでまぁ、職場のコスプレイヤーに焚きつけられたってのもあって、自分もやってみることに。

まぁマネしてもつまらないので、自分なりのアプローチでね。

 


f:id:hato_pyon:20200628185543j:image

話が長くなるから、とりあえず刀身の画像でも。

見るのは簡単だけど、いざ作るとなると細かい知識の必要を感じる。各部の寸法や構造、意味合いなんか全然知らないもんだよね。

 

今回のテーマは「単純な積層でない刃」「大きめの反り」「そこそこの強度」「材料は紙バンドと接着剤限定」「日本刀の構造を知る」って所かな。

 

一般的な紙バンドはこより12本をテープ状に接着してあるのだが、そのままで反りを付けるのは難しい。でも骨となる部分に切れ目は入れたくない。

色々試したが、これくらいの反りなら6本幅でギリギリ馴染んでくれる。6本幅以下に割いた紙バンドを積層する事で、反りを付けてその形を留める。

強度は、コスプレ程度ならギリギリかなぁ。チャンバラは止めた方が良い。チャンバラやりたければ、別素材をチョイスするか芯に木材や金属を使った方がいい。

ウォーハンマーフィギュア、塗装してみた

もはやいつ買ったか忘れるほど昔のホビージャパンエクストラの付録だった、ウォーハンマーのフィギュアに手をつける。

一時期、模型誌でもずいぶん持ち上げてたよねぇ……最近、さっぱり見なくなったけど。

 

f:id:hato_pyon:20200504234550j:image

まずは仮組。今回はアクリジョンベースカラーをエアブラシでベタ塗りしてみた。

 

パーツを触った感じだと、メタルフィギュアをインジェクションキットとして進化させたという感想。プラモとして見ると新鮮な驚きがいっぱいかもしれないが、ホワイトメタルのゲームフィギュアと思えば正常進化じゃないかな。

 

パーツ分割が特殊と言われていたが、一発抜きのメタルフィギュアの延長線で考えると妥当な感じ。

金型で一発抜きが難しいところだけ、敢えてパーツを分割しているのだろうとうかがえる。塗りやすさや装備違いを狙ってついつい分割したくなるが、そういう思想ではない。ちなみにこのフィギュアでは驚きの4パーツ。

金型加工もCAD時代の今、パーツがぴったり合うのは当然。ピッタリ合うが、ダボホゾがないのは普通のプラモと大きく違う所かな。


f:id:hato_pyon:20200504234603j:image

適当に塗ってみた。

 

モールドは繊細でありながら、深く太い。ゲームの駒として多数塗ることになるんだろうし、繊細すぎなくて良いと思う。モールド自体はかなりデフォルメが利いており、凹!凸!とキッパリ分かれている。この辺が、適当に塗ってもなんか上手くいったように感じるポイントだろう

 

ゲームの駒だなと思うのが、自立性の高さ。土台も付いているが、土台なしでもシャキッと立てる。これは素晴らしい。

 

塗りにくそうなのに、塗ってみるとそれなりに塗れる。筆ムラやハミ出しも味として片付けられる。カリカリせずに小物の筆塗りを楽しむにはいい材料なんじゃないだろうか。

 

ただ、価格がそれなりだったり、買いにくかったり、フィギュアのデザインがむさいオッサンだらけだったり、ライト層としてはちょっと手を出しづらいよね。商品としては高く評価するけど、幾つも買うかと言われると厳しいかな。ゲームする機会があったら買っちゃいそうだけど。