ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

ダイアクロン パワードシステム マニューバ イプシロン 配備

ダイアクロン パワードシステム マニューバ イプシロン購入。

 

f:id:hato_pyon:20191003234247g:plain

若干「惰性で買ってる」感も感じていたダイアクロンだが、こいつはテンション上がるぜ。

パッケージは従来通り。マニューバ1体に武装ダイアクロン隊員1体にレイドチェンバー1個と内容としては従来と同じに見えるな。ガンマにあった番号シールも付属しているが、ガンマみたいにシールドがあるわけじゃないし、レイドチェンバーにでも貼るしかないな。

 

f:id:hato_pyon:20191003234255g:plain

今回は火器モリモリがテーマ。サブアームで肩にキャノン、肘から下は差し替えできる仕様でオプションのジョイント(余剰パーツじゃなくて、本体の穴隠しとして使用されている)を使ってホゾ穴のあいた武装を持たせることもできる。ハンドパーツも握り手が開閉でき、武器を握ることも可能。

 

あまりに火器が多すぎて、全部を持たせるのに無理があるくらい。それでありながら、レイドチェンバーにはしっかり収まる造り。これは凄い。オプションラックはフルに使うし、床にもランチャーを2階建てで収納して隙間なくギューギュー。それでもダイアクロン隊員も乗せたまましっかり収納できるという、このこだわりに感動だ。玩具たるものかくあるべし。

 

赤黒銀のケバいカラーリングは好き嫌いが分かれる気がするが、バトルバッファローの頭部として似合うことも想定されているようだ。俺としてはあの球体コクピットは気に入っているので差し替える気はないが、これはこれでロボ感あっていいデザイン。

アルファ、ベータの時はどうなることかと思ったが、マニューバシリーズはそれぞれコンセプトが立ってて面白いな。1体ずつあれこれ買うより同じものが3体くらいあった方がカッコイイと思うが、色々買ってコレクションしたい気にさせられる。

なかなか「わかっている」人たちが作ってそうだなぁ。

フレームアームズ・ガール ハンドスケール轟雷

フレームアームズ・ガール ハンドスケール轟雷を購入。

 

f:id:hato_pyon:20191003232133g:plain

言ってみると、ヘキサギアのガバナーサイズのフレームアームズ・ガール新シリーズ。パッケージはFA;Gのデザインを踏襲しながら、サイズはヘキサギアのガバナー程度の大きさ。パッケージに実物大写真も載せられているのが違いか。

 

f:id:hato_pyon:20191003232141g:plain

作ってみると、こんな感じ。フォルムはしっかり「轟雷」しており、ちんまりとしたサイズはコレクションにもピッタリだろう。

 

従来スケールのFA;Gと比較するとさすがに「必要最小限」といった趣き。タンポ印刷済フェイスは1種類のみ(のっぺら&瞳デカール有)。ハンドパーツは平手、握り、武器持ちがそれぞれ左右。肩は引き出しなどもなく、スカートも固定。元のFA;Gにあった謎の「パケ絵再現用半脱ぎ脚パーツ」は付属していない。ま、作ったことなんか一度もないしな。

オプション装備として、ナイフとバズーカが付属。ここは豪華仕様か。

 

可動に関しては必要最低限。スカート固定のせいか股関節は引き出し機構がついているが、可動範囲は狭い。ヒジヒザも1軸だし、肩の引き出しもない。首も頭の付け根のボールジョイントだけ。腹部ボールジョイントはそこそこの可動域があるので、可動範囲が狭いわりに意外と動きは出せる。

 

足首ボールジョイントのみで接地性もイマイチなはずなのだが、轟雷はふくらはぎに履帯があるので自立はしやすい。

 

黒と肌色部分はABSだったりするが他はPS素材で、塗装チャレンジもアリだろう。小さいだけに、無塗装パチ組みでもそれなりに可愛い。素立ちでコレクションするも良し、ヘキサギアとからめて遊ぶも良し、作りこんでみるのも良し。可動に関しては今一つなので、並べてコレクションするのが良い気がする。スティレットも発表されているが、今後バーゼやアーキテクト、フレズなどの登場も待たれるな。

軽トラぶそう 買ってきた

バンダイの軽トラぶそう、とりあえず一つだけ買ってみた。

 

f:id:hato_pyon:20190926223920g:plain

元々は、エイプリルフールで作った「ねこぶそう」が盛り上がって実際に商品化。その勢いで今度は軽トラ……みたいな流れだったかと思う。

どこまでが最初から計算していたのかはよくわからないが、事実がどうであれ悪ノリが過ぎる商品の連発に「これは応援せねばなるまい」みたいな気分になるよな、趣味人としては。

 

f:id:hato_pyon:20190926223927g:plain

中身は思ったよりプラモだった。というか中身は選べるし、ガムも付いていない。内容としてはスーパーミニプラのレベルかもしれないが、食玩ではなく堂々とした「プラモデル」のカテゴリーのようだ。でもプラの質感や精度、説明書の雰囲気とかからしてプラモではなく食玩のチームで作ってるっぽいよなぁ。

 

f:id:hato_pyon:20190926223938g:plain

組み立ててみた。チープキットといってもHGUCズゴックやジムより高いのだ。思ったよりちゃんとした内容だが、期待を超えるほどかというと微妙だ。

 

本体である軽トラ部は、コロ走行が可能だし、タイヤもちゃんとパターンの造形がある。ライトやウィンドウはクリアパーツ(しかも湯口が1つでウェルドが出にくくなってるな)だし、ナンバーの黄色やテールランプの赤は印刷済み。

ハードポイントが気にならなくもないが、そこは商品コンセプト的に必要なところなので仕方がない。総合的にはなかなか良いんじゃないだろうか。

なんか魅惑的な大きさなのでダイアクロンのPSを荷台に乗せてみたが、微妙に小さかった。残念。まぁこれはキットには何も罪はない。

 

「ぶそう」部分は軽トラに取り付けなくても独立してパワーショベル型に組める。だが説明書通りに組み立てたところ、ホゾのところがいきなり白化。左右両方がそうなので、肉厚を薄くし過ぎたか素材がまずかったのかとにかく設計上のトラブルがあったんじゃなかろうか。まぁ俺としては軽トラ部に興味があったので気になってはいないのだが、組み換え遊びをするにはちょっといただけないな。

 

あ、トラックの右にヒッソリ写っているのはパーツセパレーター。組み換え玩具の中には、こういうツールが入っているキットも最近多いね。歓迎。しかもぶそう組み換え例ではこのセパレーターもパーツとして使用している。こういう無駄のない姿勢はいいね。

ORIGIN C-5型ザクII 完成

ORIGIN C-5型ザクII完成。

キットはC型とC-5型のコンパチキット……といってもコクピット周りの微妙な形状違いでしかないので、「現地改修で、オレ仕様はこうなんだ!」と言い張るなら好きに作って良いんじゃなかろうか。

ちなみに、基本のザクがC型で、C型を地上戦対応にしたのがC-5型だそうだ。といってもスラスターやランドセルが違うわけでもないしなぁ。

 

f:id:hato_pyon:20190913223935g:plain

ORIGINザクはこれまでも数体作っているので、感想は特に変わらず。いつもの前腕、スネ部分の合わせ目消しに加えて肩ブロックの合わせ目消しに挑んだくらい。

好印象なのはほとんど目立つ肉抜きがない事(ザクマシンガン弾倉裏、ヒジあての裏に若干)や、胴体のヒネリができること、豊富な武装や平手など。

不満はなんといっても軟質樹脂の動力パイプ。

他にもハンドパーツにもう一声(穴無し握り手とか右平手とか)欲しいし、マシンガンのストックが大きく腕や胸にガシガシ干渉する(塗装がハゲる)のも微妙なところ。アニメっぽいツノも欲しかったが、まぁ些細なところ。

太ましいフォルムや数多く入ったモールド、股関節軸のスライド機構のためにスタンド穴がない(リアアーマーや、オプションパーツの使用でスタンド使用は可)ことなどは賛否が分かれる所だろうが、私は好意的に受け取っている。

 

f:id:hato_pyon:20190913223944g:plain

肩を引き出すとポリパーツ丸見えになるのだが、ガイアノーツのプライマー(ミッチャクロン)を使えば塗装できると聞いて許せる範囲になった。

 

作るたびに、カッコイイと思えるし、「次はもっとこうしよう」とも思えるし、いいキットだと思う。量産機だからゴロゴロしててもいいし、色んな仕様違いがあっても構わない。ミサイルポッド付きのJ型が待たれるなぁ。

ORIGIN C-5型ザクII 胴(肩)ブロック塗装

悩んだ末、肩ブロックはポリパーツをマスキングして合わせ目消しすることにした。個人的には肩上に合わせ目が出たところで問題視はしていないが、どうせなら違うことを試してみたかったし。

 

f:id:hato_pyon:20190908223119g:plain

ポリパーツと内部ブロックは、あらかじめ塗装。ポリパーツはガイアノーツのプライマー(ミッチャクロン)を使用しているが、マスキングで剥がれたら嫌なのでテープはふんわりと置くだけ。多少のはみ出しがあっても目立たないところだし。

 

f:id:hato_pyon:20190908223127g:plain

そして、塗装。まぁこんなもんかね。側面は腕でほとんど見えなくなるし、ポリパーツにヤスリが当たると嫌だから上面だけヤスリがけ。

まぁこれはこれで良かったかなぁと思うけど、正直効果の割に面倒だったな。次は中身ごと外装色のグリーンにしちゃうかもしれない。あ、それいいなぁ。そうしよう。

 

関係ないけど、30MMの肩パーツがこの引き出しポリパーツと似た形状でPS素材じゃなかったっけ?入れ替えとかできるのかなぁ……って関節だけのために30MM買うのもどうかと思うけど。

ORIGIN C-5型ザクII 胴(肩)ブロックどうしようかねぇ

安かったからなんとなく買ってたC-5型ザクをまた作り始めてみたりしたのだが。

 

f:id:hato_pyon:20190819224745g:plain

改めて見て、やっぱり黒いな。

それはともかく、毎回悩むのがこの胴体の両脇というか両肩というか、とにかくこのパーツ。

 

内側のブロックと肩のポリパーツはフレーム色にしたい。成型色でいうとグレーかな。外側はザクの外装色だ。

このブロック、肩の上に合わせ目が出る。だが実際には、スパイクアーマーや頭の動力パイプで隠されてあまり目立たないところでもある。

これをこの状態で組み立てると、後ハメは普通に可能。だがフレーム色と外装色の塗り分けが面倒。実のところ腕を付けると内部フレームなんてほぼ見えないので、塗り分けはポリパーツの後ろ側(引き出し関節で引き出される部分のみ)程度なんだが。

内部フレームのダボを全て切り落とせばこのブロックでの後ハメも可能そうなんだが、そうなると外装部分を固定するタボがなくなるので位置決めや強度の点で注意がいる。

塗装後組み立てが一番楽なんだが、肩の上に合わせ目が出る。

 

過去にポリパーツマスキングと合わせ目放置、段落ちモールドとか色々試したのだが、塗装後組み立てが一番自分には合ってたかなって気はしている。

じゃぁ何が問題かって、バンダイの挑発に乗り切れずに負けた気分になるってだけの話なんだが(笑)

30MM ポルタノヴァ 特殊部隊仕様

うちの近所ではさっぱり買えない30MM。皆様のところではいかがでしょうか。というわけで、発売日に確保したまま放置してたポルタノヴァ+特殊部隊オプションをパチり。

 

f:id:hato_pyon:20190818223222g:plain

見ての通り、水色の部分が特殊部隊用オプション。シールドと胸、肩、顔。下半身や武装は一切なし。ん~……

 

まぁともかく、30MMで2体目の機体。デザイナーさんは漠然と「A国とB国」みたいな陣営で考えていたそうだが、個性的な足首関節やアンクルガードのせいか別陣営感は薄い。まぁここらへんはデザイナーさんのせいではなくて企画段階で組み換えを前提にしているせいだと思う。箱組みで装甲に覆われたアルトに対してシリンダーみたいな内部フレームっぽい造形で曲面の多いポルタノヴァということで特徴を出そうとした形跡はうかがえる。

 

武装も銃1丁と格闘用ナックルのみとアルトと共通。アルトが現代兵器っぽいマシンガンだったのに対し、ポルタノヴァはアニメっぽいライフル。手首は穴あき握り手のみ。

 

f:id:hato_pyon:20190818223818g:plain

基本構造はアルトと同じなので、関節はやや緩めで良く動く。組み換え用なのか各部の差し込みもやや緩めだが、自重も軽いので問題にはならないだろう。

下半身は非常に良く動くが、唯一足首だけが左右スイングしか動かない(前後はボールジョイントの可動分)のでちょっとクセがある。調子に乗って脚を動かしすぎると変な接地しかできなくなる。まぁ今は色んなスタンドも入手できるし、大きいアクションをとるなら接地にこだわらずにスタンド使うのもいいか。

上半身はまぁ普通かな。必要にして十分だと思う。

 

f:id:hato_pyon:20190818224227g:plain

立て膝も余裕。余裕だが、立てたスネをまっすぐ下ろさないと足首可動の罠にハマる。

 

f:id:hato_pyon:20190818224751g:plain

最後にアルトと。基本的に大差ないので、好きな方を選べって感じ。全体にポルタノヴァが重装、アルトが軽装なイメージ。

 

問題はやっぱりまだまだ入手性だなぁ。話は本体、オプション兵装、ウェポンなどが好きに買えるようになってからだな。