ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

SDCS クロスボーンガンダムX1 パチってみた

さて、SDCSだがガンダムの他にクロスボーンX1も買っておいた。

ガンダムはCSフレームで組んでみたので、こっちはSDフレームで組んでみよう。

 

f:id:hato_pyon:20180707230152g:plain f:id:hato_pyon:20180707230202g:plain

主に目立つのはやっぱり脚だろう。フトモモからヒザ関節にかけてのパーツがなくなり、スネを直接スカート内に取り付ける形式に。ヒジ関節もなくなっているが、軽くカーブした腕は「なんとなくいい塩梅」な感じで、意外と問題ない。肩関節は引き出し機構こそなくなったが水平に開く方向にもちゃんと動く。

肉抜きは、二の腕とバックパックのスラスター内側、足裏くらいだろうか。いずれも正面から見る分には問題ない部分。足裏はガンダムより穏やかで、最近のHG並みといったところ。今回はツノ裏の肉抜きはない。旧来のSDガンダムのキットに比べて可動はややプラス、肉抜きは向上といったところか。

特徴的なギミックとしては、マスクが動いてフェイスオープンする。元のクロスボーンを知らないから、どんな意味があるのかよくわからなくて申し訳ないが。

 

色分けは肩の黄色いバルカン?みたいなところまで色分けされていて頑張っているのだが、ガンダムと比べてしまうとちょっと残念。ガンダムのあのヘッドはやり過ぎだよなぁ……アレと同じを期待しちゃダメなんだが。目や頬の赤ライン、肩の黄色いアポジモーター?みたいなのはシールで対応。ガンダムと比べるとちょっとしょんぼりだが、SDのキットだと十分過ぎるくらいだろう。瞳のないツインアイはガンダムのようなパーツ分けとか贅沢は言わないから、せめてガイド線がモールドしてあると塗装しようという気も起きるのだが……

額のドクロが白で色分けされた別パーツなのは高評価。胸のエンブレムも立体的なモールドがあるので、気合があれば塗ることも不可能ではない。もちろんシールも付属。

 

噂では最初はキットに固定フレームが付属で可動フレームを別売りという案もあったとも聞く。真偽は定かでないが、そういう経緯だとすると納得できる感じの商品構成だし、それからするとこのSDフレームでもかなり豪華と言えそうだ。正直、「SD」ガンダムを素立ちで並べて飾りたいという目的だったらSDフレームで十分という気がする。かわいいし。

ブンドドしたいならCSフレームを別途購入、ずらっと並べてコレクション用ならキットそのまま(SDフレーム)と使い分けて楽しむのがこのシリーズの味わい方なんだろうな。何でもかんでも別売りのCSフレームに変えりゃいいってもんじゃないと思う。

SDCS ガンダムCSモード

ガンダム、CSモードで組んでみた。

f:id:hato_pyon:20180701080140g:plain f:id:hato_pyon:20180701080149g:plain

SD体形を引き延ばしたせいか、下半身に末端肥大の感があるかな?上半身は意外に違和感ない。肩、上腕からヒジ関節、フトモモから膝関節などはフレームが露出。とはいえまぁ、白と濃グレーの2色が出ればきっと大丈夫に違いない。あと赤か?

 

色分けもまぁまぁ。特にSDのキモの頭は力が入っている。目は瞳アリ(シール)と瞳ナシと選択(組み立て後も入れ替え可)できるのだが、瞳ナシだとごらんの通りでサブカメラ、カメラ周囲の黒、隈取の赤が色分け済み。頭部横のダクトやバルカン、メインカメラも別パーツ化。

色分けが足りないとすれば、胴体側の肩(これはフレーム上仕方ないか)、シールドの連邦マーク、股間の連邦マーク、後頭部カメラ、ビームサーベル刃、ビームライフルのスコープ、頭部バルカンといったところか。肩とバルカン以外はシール対応だし、塗装もやりやすそう(素材は全部PS)なので、特に不満はない。

 

脚は一本の棒で股関節と足首にボールジョイントがあるだけの旧作とは違い、股関節ボールジョイントの下にロール軸、1軸ヒザ関節、足首ボールジョイントと可動軸を大幅強化。ヒザは90度程度曲がり、まぁ必要にして十分。足首だけが巨大なせいで、アンクルガードは足の甲にボールジョイントで取り付ける形。後ろから見たらスカスカだが、これはデフォルメの都合上仕方ないだろう。

 

腕はフレームに前腕と肩の装甲をかぶせる形。正面から見ると、意外にフレーム部の露出が多い。肩ブロックを若干横にスライド引き出しすることができ、気持ち程度ではあるが可動域も拡大。

 

首もボールジョイント接続だが、若干の引き出しあり。頭が大きいので派手に上を向いたりはできないが、軽い表情付けや干渉避けに役立つ。

 

体形としては、SDが園児なのに対しCSは小学校高学年って感じか?イメージ的に。カワイイというよりカッコイイの方が表に出てきている気がする。

 

f:id:hato_pyon:20180701082200g:plain

肉抜きは、足裏と上腕部(フレーム)、ツノ裏などに見られる。でも肉抜きにしても合わせ目にしても正面素立ちではほぼ目立たないように配慮してあるし、どうしても気になるなら埋めることも旧作とは比べ物にならないほど楽だ。SD体形ということもあり、大きく腕を振り上げたりしなければそうそう見える場所ではない。

足裏はまぁ……足裏だね。

 

f:id:hato_pyon:20180701080447g:plain

とりあえずビームサーベルを持ってみる。やっぱりヒジ・ヒザ関節の可動は大きい。肩の引き出し関節のおかげで胸を張ったようにできるのでポーズにも力が入る。

 

f:id:hato_pyon:20180701080502g:plain

ビームサーベルといえば……ランドセル内部で、ビームサーベルは2本連結。サーベル持ちにこだわるなら、一本切り取る必要がありそう。サーベル根元がボールジョイントっぽいモールドになっているので、切り離した後でも抜き差しや角度調整ができるのかも……できないのかも……

 

f:id:hato_pyon:20180701080204g:plain

肩が引き出しといえば……ライフル両手持ちもギリギリできる。SDでここまでできるとはね。シールドは背中にマウント可能。

 

f:id:hato_pyon:20180701080637g:plain

シールドを背負う時は、グリップパーツを外してシールド裏に仕舞うことができる。これは地味に良いな。まぁビームサーベルビームライフルは結局余るんだけど……左右の手にライフルとサーベルを持ってシールドを背負えば余剰ナシと言えるか。

 

CSモードを組んでみた感想、「マスコットっぽいけどカッコイイ」ガンダムとしてなかなか良いんじゃなかろうか。ユルさとカッコよさの両立として結構好きなバランスだ。SDなのに色分けやモールドも凝っており、決して子供用のチープキットという印象はない。

 

あと贅沢を言えば、平手とバズーカが付いていればなお良しってところ。CSフレームは別売りでジム頭のオマケパーツも付属しているのだが、ここに平手が付いていれば……

SDCS ガンダム買ってきた

SDガンダムの新シリーズ、クロスシルエットのガンダム買ってきた。

ま、新シリーズっつっても、ガンダムとザクだけ出したら安心して放り出すシリーズなんてゴマンとあったけどな。

 

f:id:hato_pyon:20180630221938g:plain

 

今回のウリは、SDながら内部フレーム構造であることと、2種類のフレームを用意して「SDらしい2.5頭身(SDフレーム)」と「大幅に可動を強化したスッキリ体形(CSフレーム)」と2種類を使い分けられるところですかね。

個人的には、外装構造にすることで過去のSDで目立った腕脚の肉抜きが見当たらないのが高得点。

 

通常、キット同梱なのは寸詰まりのSDフレームだけのようだが、シリーズ第一弾で初代ガンダムってことで通常キット+CSフレームのセットが用意されているので、それを買ってきた。まぁ箱が1つになってるだけで、中身は個別販売と変わらんだろうけど。

 

ざっと説明書を見てみたが、SDフレームでの組み立て方とCSフレームでの組み立て方が上下2段で並行解説されている。試しに通常販売のクロボンX1も買ってあるが、こっちも同形式の表示(CSフレームはちゃんと別売りと書いてある)。

わかりやすいといえばわかりやすい。別売りオプションを当然のように書かれるのはちょっとモニョる。でも「じゃぁどうすれば?」と言われれば、これがベストの方法かな?と思うしかない。ベスト、と考えるとこの2種フレームというのはどうか?って所にまで話が行っちゃいそうだもんな。

 

まぁ細かいことは、パチってから考えよう。

V.F.G VF-31Jジークフリード バトロイドモード

あー、肩アーマーがズレてら。まぁここが可動するんだなって思ってくださいな。翼端灯のシールも剥がれてるし。

 

f:id:hato_pyon:20180625223451g:plain f:id:hato_pyon:20180625223502g:plain

 

バトロイドモード。機体を機首、主翼、脚の各部に分解し、ガール本体に組み付ける。ガウォークの時は「ガウォーク形態の機体にガールが乗る」という形だったのに、バトロイドでは完全に各パーツを装着するといった形態。このパワードスーツ風の装着、嫌いじゃないぞ。

背負い物の大きさでひっくり返るかと思っていたが、意外にしっかり自立できる。腰膝の関節が少々緩めなので、素立ち以外は注意が要りそう。

 

脚部はつま先を外したりすることもなく、VF-31Jの脚をかぶせる事ができる。しかもガールの脚部とホゾタボでガッチリ合体。脚部はガウォーク時には後ろのふくらはぎ部が展開し、バトロイド時には外側のサイドが展開する複雑な構造。こうやってエンジンをチョロ見せするところがバルキリーらしいところ。

 

主翼部はジョイントで機首部を取り付け、ガールの背中にマウント。機首が折れると裏表の向きが逆じゃね?って思ったけど、パケ写を見るとこれで良いようだ。まぁ見栄えはこっちのほうがいいか。

そして背後から肩の上を通って、肩あての装甲が下りてくる。ガールの肩幅がやたらと狭くて華奢だったのはこのためか。たったこれだけのことだが、ただの背負い物じゃなくて装着感が倍増。

 

 

ガール時にヘッドが一回り大きいとか肩幅が狭いとかちょっと気になっていたのだが、バトロイドにするとちょうど馴染むバランスだと思う。購入前はガウォーク目的だったが、バトロイドの方が気に入った。完全分離のファイター、搭乗型のガウォーク、装着型のバトロイドと武装女子フィギュアとしては欲張りな構成。若干バルキリーという原作に縛られている観はあるが、その枠内でかなり良くできた内容だったんじゃないかなー。次作ではガールの可動範囲の見直しとかあるようだが、このバルキリー状態が基準であれば、私個人としてはそれほど必要性は感じないが……

 

バルキリー縛りということでソードやライフルなどの手持ち武器がないのが少々寂しいところ。特にVF-31Jは作中でもファイター中心だったから、バトロイド時の物足りなさは仕方がない。ここはVF-1が出た暁にはガンポッドで解決されるだろう。

シールの透け、剥がれも残念なところ。できれば可動部以外はPS素材を中心にしてもらえれば、塗装という選択肢も取りやすいのだが……可動&組み換えが肝なので塗装すべきかどうかというのはまた悩みどころだが……ネットで見ると塗装されている方も少なくない。

あと、何かの名残かもしれないが、胴体中央にバクっと折れるヒンジがあるのだが、ただの死にギミックになっているのが気になる。これは一体何だったのだろう……

 

総じて、ガール本体を一切差し替えすることなく装着ギミックを作り上げたことには拍手を贈りたい。武装神姫フレームアームズガール、メガミデバイスでも軽装モードと武装モードで腕脚を丸ごと交換とか普通だったからなー。こういうパワードスーツ的なギミックは他にない特色になっていると思う。

V.F.G VF-31Jジークフリード ガウォークモード

だいぶ前にできてはいたんだけど、また指先怪我したりまぁ色々。

 

f:id:hato_pyon:20180617214951g:plain f:id:hato_pyon:20180617214959g:plain

ガウォークモード。

まず機体を機首、主翼、脚に三分割。

機首にはハンドルを付け、

主翼からは肩関節を出して余剰パーツだった腕を取り付け、

脚部は膝関節をガウォーク用の固定関節に交換。

思ったより変形は大変ではないな。

 

脚部を開くとガールを乗せるステップが付いており、カカトに噛み合うタボが付いている。こういうところ、思ってたよりしっかりしてたな。

ガールはエビ反りの可動域を存分に使用。というかこの可動域がないと顔を上げて乗れないくらい、ギリギリの可動域。全体的に、地味ではあるけれどかなり計算された設計だと感じる。

逆に言うと、あんまり色々ポージングさせる感じじゃないな。計算されつくしてて、計算外のポーズのことはあまり考慮されていない。でもこれは悪い事ばかりじゃなくて、無駄に可動を求めないことでガールのボディラインが奇麗に(無駄に関節や隙間が目立たない)なるわけだし。あくまでV.F.G.はV.F.G.。ドールやアクションフィギュアみたいに遊びたければメガミデバイスがオススメか。

V.F.G VF-31Jジークフリード ファイター完成

V.F.G. VF-31Jジークフリード ファイター完成。

思ったよりはシール地獄ではなかったな。

 

f:id:hato_pyon:20180603224532g:plain

 

ファイターとしては、普通のVF-31Jだなー。

シールは大判の割に貼りやすかったが、翼端灯や尾翼、ウェポンベイなど面積の割に曲げのキツイ部分はすぐ浮いてくる。パーツを一度拭いてから貼った方が良かったか?

まぁでも機体そのものの凸凹は少なく、ガール部分に比べると失敗は少ないだろう。

シールのレイアウトも親切でブロックごとに見やすく配置されており、探しやすいし貼り忘れの防止にもなる。

 

ファイターは差し替え変形だが、胴体中央部とか主翼付け根などに可動部が仕込まれている。差し替えなのにわざわざヒンジを仕込んだりするのもどうかなぁ?とも思う。完全差し替えより変形気分を味わえたり、余剰部品を少なくできるのかもしれないけど、ちょっと中途半端感アリ。

 

変形を差し替えにしたことで可動部は少なく、形がカッチリと収まるのは良い点。バンダイの可変VF-31Jの後だと、「こんな少ないパーツでVF-31J作れるんだ」とちょっと拍子抜けするくらい。よく言えば、「固定モデルと可変機のいいとこどり」か?

V.F.G VF-31Jジークフリード 機体前部

V.F.G. VF-31Jもいよいよ機体に取り掛かり。

 

f:id:hato_pyon:20180524225837g:plain

シール地獄再び。機体は基本的に白と青のツートン。芯は黒いけど。そしてキャノピーやクリアレッド部分はクリアパーツ。

コクピットの中は、よくわからない箱のような造形。まぁね、コクピットが緻密に造形されていたら、「いったい人のサイズはどっちだよ」ってなるよね。コクピットに乗るのが人間サイズだとガール本体が大美人になっちまうから、コクピットは何か機械みたいなもので埋めておいて「ドローンみたいなものです」って言っちゃった方がいいよね。

シールは複雑な形状を貼り合わせてカラーリングを再現。シール自体は貼りやすいシールなんだと思うけど、複雑に分割されているのでどこにどう貼るかをしっかり確認してからでないとズレたり隙間ができたりするかもしれない。というか、私はそうなった。それでも貼らないよりかはマシだと思うけど。フレームアームズみたいな完全オリジナルならメーカーの都合で好きにできるけど、版権モノだと勝手にデザインも変えられないし、シール地獄にならざるおう得ないかね。

ガールの可動域やシールなど、次回作では色々修正が加わるという噂も。FA;Gもシリーズを重ねるごとに色々改良が加わっていったし、そうやって完成度が上がっていくのもアリだと思う。

 

難を言うと説明書。組立図とシール指定の図が離れているので、ちょっと作るごとにあっちをめくってこっちにもどって……となって、他の部分に比べてひどく不親切。もちろんこれは機体部分に限った話ではなくガール部分の時もそうだったけどね。

絶対先に貼らないと困るようなものは組み立て中に指定してあるけど、他のシールも組み立てながら貼れるような指定があると良かった。さらに贅沢を言うと、シールを貼るときにどこを合わせると貼りやすいかの指定があるとなお良し。