ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

フレームアームズ・ガール グライフェン素体

バイク模型の途中ですが、塗装待ちのタイミングでフレームアームズ・ガール グライフェンをパチり。

f:id:hato_pyon:20181112232921g:plain

フレームアームズ・ガールもシリーズを重ねて、技術が向上したというべきか、こなれてきたというべきか、バリエーションが増えてきたというべきか。自分の好みで色々選べるようになってきた。

まぁ最近はメガミデバイスもそうだし、武装神姫もそうだし、その他さまざまなゲームからのプラモ化で美少女プラモでは独走状態のコトブキヤ。様々なノウハウが一極集中するのもうなづける(互換性が薄いのは残念だが)。

 

以前にメガミデバイスでやったオープンマウスなど表情がありすぎるパーツは好みが分かれるかもしれないが、私にとっては好みの方向性。腕脚のジョイント穴がデザインに溶け込んでいるのも特徴だろう。

デザイナーの個性が出て面白いね。

 

今回驚いたのが、素材。素体に限って言えば肌色パーツ以外はほぼPS樹脂で、塗装派には嬉しい内容。股関節など一部にポリパーツやPOMも使用されているが、完成後はほぼ見えない。

PS樹脂同士の関節部の耐久性は気になるところではあるが、これはしばらく様子を見ないとなんとも。少なくとも組み立て時には良い硬さだし、ジョイント部にはグリスを塗ってから組み立ててあるが削りの調整は行わなかった。

 

f:id:hato_pyon:20181112232933g:plain

可動はまぁ、普通かなぁ。ヒジ1軸、ヒザ2軸関節。肩はボールジョイント。股関節は若干の引き出しありで、軸をボール状のポリパーツに差し込む構造。胴体は胸の下でボール接続&左右傾け。首は前後軸&ボールジョイントの2重。まぁFA:Gとして標準的な構成。可動範囲としてはフレズヴェルクよりはちょっと良いかなぁ?という程度。ただ軸が若干太くなってたり、パーツ破損にはだいぶ強くなっているように見える。これは安心してさわれてイイね。

 

デザイン面での変化は大きい。今回は武装モードとの組み換えでなくパワーローダーや乗り物としての武装になっているので、素体モードが単体で成立するようになっている。首周りのフリルが整理されているとか、腕が服の袖のようなデザインになっているとか。セーラー+スク水みたいなフェチ的楽しみ方をしたければそうもできるし、ベレーやジャケットを強調すればスチームパンク風にもできそうだし、脚部の装甲を強調すればメカっぽいアレンジもできるだろう面白いデザインだ。

フィギュア的には歓迎だが、一方でドール的な楽しみ方をするには邪魔だろう。従来のFA:Gと比べて違和感を覚える人もいるかもね。

衣装の縫い目?にパイピングのモールドがあるのだが、これがパーティングラインと重なってて上手い処理とも言えるしやりにくいとも言えて、評価が難しい。ただまぁ削り落とすことは簡単なので、これはこれで正解だと思う。

 

デザインさえ気に入れば、組み立て式アクションフィギュアとして良質なアイテムだと思う。機会があれば今度はちゃんと塗って作ってみたいね。

タミヤ Kawasaki Ninja H2R エンジン&フレーム

タミヤのバイク模型、1/12Kawasaki Ninja H2R。じわじわ制作中。

f:id:hato_pyon:20181109230107g:plain

エンジンブロックのカラー指定はマイカシルバー。塗料売り場で塗料がないなーと思ってたら、缶スプレーしかないのか。仕方がないので、シルバーの上からパール入りクリアを吹いてみた。この色といい、赤いスーパーチャージャーといい、実車作ったのは主張の強いデザイナーなんだろうなと思う。

まだパーツの付いてないホゾ穴とかあるけど、後々色々付くのだろう(説明書読めよ)。

全体がセミグロスブラックだったYZFとは全然見た目が違うけど、ボルトの頭をチマチマと爪楊枝で塗ったり組み立てそのものは近いものがあったな。

 

そして、フレームとドッキング。

f:id:hato_pyon:20181109230115g:plain

フレームは左右2分割。特に調整とか考えなくても収まるところにピタリと収まるタミヤの精度を楽しめる。

YZFはモノコックでパチっと収まったが、このNinjaはパイプフレームなのでカッチリ感は弱い。後部の幅とかフワフワしたところもあるので、接着やネジ留めで全体を整える感じ。

この辺、実車の特徴もそうなんだろうなと感じさせる部分でもある。

タミヤ Kawasaki Ninja H2R 買ってきた。

先のYZF-R1Mが面白かったので、またバイク模型を買ってきた。

もちろん実車知識は皆無なので、タミヤの比較的設計の新しそうなものをチョイス。

f:id:hato_pyon:20181103001122g:plain

カワサキのNinja、バイク知識ゼロの俺でも名前は聞いたことあるな。

インストを見てみると……YZFとは全然違う!(笑)

YZFはモノコックフレームみたいな構造だったのに、このH2Rはパイプフレーム構造。カウルも上半分のハーフカウルで見える範囲が全然違う。実車構造の違いだけでなく、キットもマフラーがメッキパーツだし。うーん、まだまだ手探りが続きそうだ。

 

色分けも複雑で、先が思いやられるなぁ。ホイールの塗り分けとか大変そうだが……まぁまじめに作って挫折するより、また適当な単色の「オリジナル」塗装でお茶を濁そう。カワサキっつーとやっぱり緑ですか?Ninjaだから黒装束ってのもアリか。

 

とりあえずインスト通りにエンジンを仮組み。

f:id:hato_pyon:20181103001133g:plain

吸い付くようにピタリと……という程ではないが、収まるところにきちんと収まるのはさすがタミヤ。まだまだ塗膜分の遊びや仮留めで緩い分があるから、こんな感じでしょう。それぞれをマステでユルユルに固定しているだけなのに、エアチャンバーとスーパーチャージャーがピタリと合うのは感動モノ。しっかし、このエアチャンバーがなければまるで自動車のエンジンだね。メカフェチとしてはワクワクするなぁ。こういうところはカーモデルよりも面白いかもしれん。

 

YZFはエンジンをフレームに組み付けてからエアチャンバーを乗せてたけど、H2Rはエンジンと一体化なんだな。フレーム構造の差もあるし、吸気系の違いもあるし、こういう実車の違いも感じられるのもプラモならではだなぁ。完成品モデルだとなかなか感じられない部分。

 

塗り分けは複雑で、ここは筆塗りでチマチマやるしかないか。いい機会だし、塗料も水性に徐々に切り替えていこうかな。

YZF-R1M ひとまず完成

タミヤのYZF-R1M、カウルも付いてとりあえず完成ということにする。置いた時にリヤサスがふわっとした手応えなのがなんだか気持ちいい。

 

f:id:hato_pyon:20181101225335g:plain

ほぼはじめてのバイク模型ということで、手探りだったけどおもしろかった。

とりあえず完成というのは、クリアパーツを1つ紛失してるし、ボルト頭のデカールとか貼ってないし、まだやりこもうと思えばやるべきことは残ってるということで。

いやホント、ボルト頭が塗装指示だったりデカールだったり、意図がまだ良くわかってない。奥まってて塗りにくいって事なのかなぁ?それはそれでデカールも貼りにくいし。

キットは、実は標準色の青が必要なのはホイールくらいであとはデカールで対応できる。今回はテキトーな色で塗っちゃったけど、標準カラーで仕上げるのも面白そうだ。カット済みのマスキングテープも付属していることだし。

 

作ってみると、他ジャンルのプラモと比べて大スケールということもあってか、完成すると見えないようなところまでしっかりパーツ化されているのが面白いといえば面白いが、塗ってもほとんどが隠れてしまうという一面も。ちゃんと仮組みして見えないところは手を抜くのもアリかと思った。スチロール接着剤使えるようになるし。

一方で、リヤの外装がスカスカで裏側もしっかり見えるというのも作ってみて初めて知った。バイクってこんなもんなのか?見えるところ見えないところを確かめるための仮組みはあっていいかも。

 

キットは、キッチリカッチリ。接着位置や形を確認するための仮組みはほぼ必要ないと言っちゃう。最初に作るエンジン下部のペグみたいなのは何だろう?と思っていたが、実は最後に取り付けるカウルのビス受け。こんな最初と最後のパーツを合わせてもきちんと収まるところに収まる設計はさすがだと唸るしかない。

バイク模型は作りにくい、ポロポロ壊れる、といったイメージはこのキットでだいぶ覆された。

 

キットに敢えて注文があるとすると、せっかく白黒銀でランナーが色分けされているので黒は黒、銀は銀のランナーに配置して欲しかった。プラの硬さとかあるのかもしれないが、無塗装パチ組みの時の見栄えが全然違うと思うんだよね。

そして前にも書いたが、組み立てながら実車パーツの解説があると作るにもなお力が入ると思うんだよね。詳しい人には必要ないのかもしれないが……

 

個人的な好みの話でいえばスケールを合わせたアクションフィギュアがあれば飾るにも面白いと思うのだが、まぁこれはスケールモデルとして見た場合は邪道だと思うので俺の方が少数派だと思う。レースマシンだとライダーの固定フィギュアもあったよねぇ……スケールモデルだとそっちが正当な方向か。

とりあえず今はメガミデバイス乗せてる。メガミデバイスに限らず今は可動に優れた1/12近辺のフィギュアはいっぱいあるので、まぁそれでも構わないが。

 

最後に。ネジ頭が最後まで露出してるんだけど、これってこれで良いのかなぁ……

ダイアクロン パワードシステム マニューバ ガンマ 到着

新生ダイアクロン、かっこいいよねぇ。さすがに小遣いは有限なのであれもこれもは無理だが、マニューバ ガンマは我慢できないカッコよさ。

 

f:id:hato_pyon:20181028233133g:plain

新型レイドチェンバー。旧型と幅はそう変わらないが、高さは2割増しといった感じ。

旧型は外側にヒンジやジョイントが出ていたり角が落ちていたりしたが、新型は武骨に「Theコンテナ」って感じ。個人的には、こっちの方が効率的で世界観に合っていると思う。

 

f:id:hato_pyon:20181028233141g:plain

ハッチオープン。旧型は箱の前半分が左右にバコッと割れる感じだったが、新型は蓋が前側に開く感じ。開いた床にはコンベア状のモールドもあり、ただの保護材なのかそれともコンベアで機体が外に搬出されるのか、色々想像するのも楽しい。

上に跳ね上がっているのはオプション品のホルダー。武装はこのパネルと足元に仕舞うようになっている。余剰のオプションもすべてレイドチェンバーに収納できるのは旧型同様。

 

f:id:hato_pyon:20181028233149g:plain

機体搬出。新型のマニューバシリーズは脚が長いせいか、格納状態と降着姿勢が別形態になっている。腰が若干浮いて、前後幅を詰めるスタイル。

ちなみに、本体も武装もタボをきっちり奥まで押し込まないとレイドチェンバーの扉が閉まらないくらい、中はみっちりギューギュー。

 

f:id:hato_pyon:20181028233202g:plain

ヒトガタに展開。肩に追加装甲(外す必要ないと思うけど、レイドチェンバーに入れるために外すんだろうなー)と、小型の銃が2丁。サブマシンガンっぽいのと、小型ランチャーっぽいの。

ちなみにマニューバデルタは親指以外の4本の指が可動になった。武器を持たせる時もやりやすいし、表情も出せてナイス改良。

 

f:id:hato_pyon:20181028233213g:plain

武器は2つ合体させて両手持ちの大型銃にもできる。肩は後ろには回るが前には出せないので、両手持ちは結構苦しい。それでも頭が左右に回転するので、それなりのスタイルで構えることはできる。

 

f:id:hato_pyon:20181028233226g:plain

そして、シールド。これがたまんねぇんだよなぁ。だがシールドがあると、サーベルなどの白兵戦武器も欲しくなる……ってのは贅沢か。あんまり贅沢仕様だとレイドチェンバーに収納できなくなるしな。

逆に、後から白兵戦スペシャルのマニューバが出たりして。それはそれでタマランなー。

 

f:id:hato_pyon:20181028233240g:plain

最後に、D型と比較。かなり大きくなったイメージだったが、脚が長くなったのが主で、本体自体は大差ない。ダイアクロン隊員が大きくなったわけじゃないから、まぁ当然と言えば当然。頭も小型なので、Dタイプとイメージはそう変わらない。

 

総じて、過去のPSシリーズで「もう一歩」と思っていたところが大幅強化されていて私としては大満足。まさに俺の欲しかったパワードシステムはこれだ。

だが旧シリーズがダメだというわけではない。大型アイテムとの合体とかは、旧シリーズのコンパクトさやジョイントがいっぱいついたレイドチェンバーが相性いいと思う。

 

この良質な玩具がいつでも入手できる環境じゃないというのが、実に残念だ。数をそろえるとまた表情がでる玩具だし、メカトロウィーゴのように2~3体セットのプラモで出てくれたらなぁ。それが無理でも、時々再版し続けて欲しいアイテムであるよ。

SDCS ガンダムダブルオーダイバーエース仮組み

YZF-R1Mの途中ですが、突然にSDCS ガンダムダブルオーダイバーエース(名前長ぇよ!)を仮組み。

 

f:id:hato_pyon:20181021231339g:plain f:id:hato_pyon:20181021231347g:plain

主役機だけあって気合の入ったキットとは聞いてはいたが、これはなかなか。まぁ元々が色分けしやすいデザインなのかもしれんが。各部のフィンやツノも薄く作られていて、そのままでもカッコイイ。あんまりトゲトゲしすぎて、動かしたらすぐ干渉するけどねー……

両手両肩に大型ソードとか、ナイツマのあのバカを若干思い出すが(笑)

 

本体で色が足りないのは、スネの小さなグレー、頬のダクトぐらいかな。ヒジ関節の緑、前スカートの黄色はシールで対応。

スネのグレーは上から青パーツをかぶせるので、塗り分けとかテキトーでも大丈夫。頬のダクトはいかんともし難いな……こういう奥まった塗り分けは苦手なんだが、皆さんどうやってんだろうね。

ツインアイはクリアパーツで、RX-78の時のように隈取りまで別パーツという気合の入った構成。他にメインカメラ、後部カメラ、頭部横のグリーンもクリアパーツ。頭部横はタボとか透けて見えるのでいかがなものかと思っていたが、幸か不幸か横にゴテゴテと装備が付くのでほとんど見えない。

 

一方で、武装はシール対応が多い。

GNダイバーソード?はグレー一色。スーパーGNソードIIも刃先の白はシール。塗装派は結構難儀しそう。

 

合わせ目はスネ後や肩装甲に若干出るが、肩は装備の陰でほとんど見えないし、スネ後は目立たないし後ハメ加工は面倒そうだし段落ちにするのが早そうだ。

 

肉抜きはいつもの足裏やダイバーソードのツバ裏とかに若干あるが、ダイバーソードは肩に付けていればほとんど見えないし、足裏もいつもよりは大人しいのでまぁ許せる感じ。むしろいつものハンドパーツの肉抜きが酷いし。

 

作ってみて思ったのが、今回は組み換える所のハメコミが若干緩く作られているようだ。内部フレームを付け替えて遊べるようになっているのかもしれない。特にタボホゾを削らなくても外せるくらいの固さになっていて、仮組みが非常に楽だ。ヘルメットとか分解する必要のない所の差し込みはガッチガチだったけど。

あとパーティングラインが若干目立ったのだが、これは個体差なのかな?

 

まぁかなりボリューム感もあるし、シールが許せる人なら色分けも上々。派手で面白いキットだと思う。零丸もあることだしできればユッキー、モモの機体もSDCS化して欲しいところだが、カプルは形が違い過ぎてムリだよなぁ……

ところで、本編では機体の印象より中のリク&サラのイチャラブばっかり印象に残ってしまっているのは私だけか?

YZF-R1M フロント周り

タミヤ YZF-R1M、大地に立つ。

 

f:id:hato_pyon:20181020224839g:plain

フロント周りも付いて、やっとこさ自立。走るためのメカは既に一通り整ったかな?メカ好きとしては、おいしいところは一通り食べ終わった気も……

 

フロント周りはリアと比べて塗り分けは複雑なのにパーツ分割は細かくはなく、ちょっと昔ながらのスケールモデルを作っている気分に。まぁこの辺はディテールアップパーツも別売りされているようなので、進化はそっちで味わってねってことで。

 

仮組みなしでも確実に形になるタミヤだからこそチマチマ塗りながらポチポチ作ってても大丈夫だけど、古いキットとかどうやって作ってんのかなぁ。ある程度形にしないとすり合わせしづらいし、ある程度形にするにはパーツの保持とか結構大変だぞ。ブロック別でやるのかなぁ?幸いバイクにはそんなに好き嫌いはないので、ある程度経験値を積むまではタミヤの最新キット以外手を出さないようにしよう。

 

ビニールチューブの行き先もすべて決着がついた。基本的に操作部であるステアリングからのブレーキやアクセルの配管・配線なわけね。で、ステアリングを可動させようとすると、ここはビニールチューブにする必要がある、と。なるほどねー。ここまで来て初めて軟質チューブになってる理由がわかったわ。

いや、ステアさせる必要があるのか?と思わないでもないが。

作ってみて改めて、「フロントはブレーキディスク2枚なんだー」「バイクって前後でブレーキ系統が完全に独立してるんだ―」と色々と実車構造についてうかがえるのも面白い。やっぱりこういう所がスケールモデルの面白さだよなぁ。逆にこういう所からバイクに興味が出てくるかもしれないね。

 

それにしてもバイクって本当にメカがみっちみちに詰まってんだなぁ。密度感すごいわ。