ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

ハロ買ってきた

ハロ買ってきた。500円というと、この前のGACHA-NENのSNAKEーEYEと同じ価格だな……

f:id:hato_pyon:20180420212057g:plain

スタンド、台座付き。手足は開閉状態を選べ、耳?は可動。球体の時の余剰パーツは台座に仕舞うことができるし、まぁこの価格で期待できる以上の内容じゃないかなぁ。

だがSDガンダムと同程度の価格帯ってことで予想通り、手の裏側の肉抜きは激しいし耳や脚の裏側はパーツそのままって感じ。どうしても気になるなら球体モードで飾れば良いわけだし、ここにコストをかけるくらいなら「手を加えられる場所」として残してあっても許せるかなー。SDガンダムの武器や手足の肉抜きに比べれば全然どうってことない。

 

私はオッサンだから標準の緑だが、ビルドダイバーズの人はピンクのネコミミ待ちかな?それはそれでまた買うだろうな。

お手頃価格だし、いじるなり塗るなりしてもまた楽しそう。

……欠品?

MGジムコマンド作ろうとしてた。いや、作ってた。

左右の足のパーツを切ってたら、共通パーツが1つしかない。2つあるべき部品の1つがランナーから既に外れてる。自分で切り落としたんじゃないかと疑うくらい。ランナーはしっかり流れてるから、成型不良じゃないだろうなー。

 

成型不良ならメーカーに送り返すこともできるだろうが、そもそも「パーツがない」ってのは証明不可能だよなぁ……他のパーツも自分で切り落としてるし、「自分がカットした後で紛失した」のと違うことは証明できないもんなぁ。袋開ける前なら、なんとかなったかもしれないけど。

 

いやガンプラ作ってて、こんなこと初めてだわ。VFHI-METALで両手が右手ってことは一度あったけど。今後は袋を開ける前に要チェック、だね。

いや、初めてかどうかはともかく、これからどうするかだよなぁ。部品請求するにもバンダイサイトでは在庫なしって出てたし、自分のせいじゃないのに数百円かけるのもなんだかなぁって気もするし。MGをクラッシュモデルにしたりするのももったいないし、HGならパーツ獲り用にもう一機買うって気にもなるけどMGじゃなぁ……

 

いっそおゆまる複製とか考えてみるか?

1/35 SNAKE-EYE その後

35GACHA-NENって書いてあるが、これが商品ラインナップ名なんだろうか。

まぁとにかく、先日作った1/35SNAKE-EYEとやらをちょっと塗ってみた。

普段はベタ塗りでスミ入れさえしない私だが、ホビージャパンの筆塗り特集とか見て小汚い塗装ってのも一度やってみたかったんだよね。

f:id:hato_pyon:20180405220148g:plain f:id:hato_pyon:20180405220200g:plain

手持ちの塗料と道具で適当にやってみたのだが、思ってたよりそれっぽくなった気がする。ちょっと汚しすぎな気もするけどね。廃車じゃないんだし。

 

黒サフ、グレーと吹いた上に、ライトグリーンをスポンジでポンポンと。

この時点で「いかにもテキトーに塗りました」って感じで一度落ち込む。やっぱりベース色に白とか黒とかでトーンを変えた色を作るべきだったか。

とりあえず失敗して経験値を稼ごうと思い、強引に進める。

 

つや消しクリアでいったん保護し、ここからはエナメル塗料に切り替え。

最近はサビ色のウェザリング用の塗料なんかも色々出ているようだが、手持ちにあった赤系で……とりあえずレッドブラウンを爪楊枝でコチョコチョと置いてみる。ここでまた、「うわー、なんだこのダルメシアンは」と二度目の落ち込み。

 

悩んでいても仕方がない。

最近は(略)、手持ちのダークグレイをスミ入れぐらいにシャビシャビに薄めて平筆で頭からぶっかける勢いで塗りたくる。最近はフィルタリング?っていうのか?こういうの。そしてレッドブラウンのマダラを筆で洗い落とすくらいの勢いで伸ばしていく。

筆にレッドブラウンが残ったりするので、いっそこのぶっかけてるダークグレーにもレッドブラウン混ぜちゃえーとか、色々適当に遊んでると、トーンが違い過ぎた本体色とかマダラだったレッドブラウンがいい具合に馴染んでくる。この段階で、ようやく「あー、すげー、たのしー」って気分に。

今回は手持ちで実験のテキトー汚しだったけど、スス汚れとか砂汚れとかに合わせて塗料や塗り方を変えたらまた楽しいだろうね。

 

最後に、ライトグレイで軽くドライブラシ……したけど、ほとんど見えない。まぁ下手にドライブラシすると消してないパーティングラインが浮きまくるから、こんなもんでいいか。

 

f:id:hato_pyon:20180405220212g:plain

ちなみに、大きさはこれくらい。スネ裏の肉抜きがやっぱり目立つね。次は埋めて作ろうかな。

1/35 SNAKE-EYE

なんだか色々ありすぎてどれが何の名前だかよくわからないのだが、どうやらSNAKE-EYEというのが機体名らしい。

 

f:id:hato_pyon:20180401220926g:plain

海洋堂横山宏ワールドとかいうブラインドカプセル商品。マシーネンクリーガーとかMa.K.とか色々と独自の固有名詞が並んでて、どれが機体名だかシリーズ名だかまったくもってわからないのが実情だが、ホドホドで良さそうなサイズの置物感があったのでつい買ってみた。

 

なんかこのデザイン、子供の頃から模型屋の片隅で見たことあるような気がするんだよなー。でもそれが何なのか、未だによくわからん。最近になってこれがパワードスーツっぽいものだということを知った。背景世界とかその他の乗り物とかあるんだろうな、きっと。

 

キットは丸いカプセルに入ってたし、ガシャポンを意識したモノだと思う。秋葉原海洋堂ショップには違う機体がいいお値段で販売されていて、ガシャにしようと設計したが繊細過ぎてガシャ販売できずお蔵入りしてた、みたいなことが書いてあったような気がする。ガレキ屋あがりらしいエピソードだ。

そういう制限の中で量産化したにしては、よくできたキットだと思う。可動部は全くといっていいほどなく、そのおかげでパーツ数を制限できているんだろうと思う。だが腕や脚がモナカでさえない一体成型なので、脚の内側にガッツリと肉抜きが施されているのは残念ポイント。ここはどうにかして欲しかったな。

動かないなりに腕脚のポーズが複数あると並べた時に画になったと思う。このSNAKE-EYEという機体だけでも色違いが6色あり、さらにS.A.F.S.という別機体もあるので色違いはポーズも違うと面白いのだが、それはその分金型がいるって事だからねぇ……500円というコストがギリギリなら、これ以上は贅沢か。

 

ちなみにシークレットで女の子のフィギュアもあるらしいのだが、パイロットにしてくれた方が隣に置いた時に雰囲気でるのになー……と思うのは俺だけか?

いや、パイロットより女の子の方が好きだけど、それならそれで女の子フィギュアだけのシリーズでも出した方が……

HG ガンダムデスサイズヘルカスタムメタルクリヤー特別版

いえね、先日お台場の実物大ユニコーン見てきたんですよ。そしてまぁ当然のようにガンダムベースにも行くわけですが。

f:id:hato_pyon:20180331230853g:plain

以前の施設は「ガンダムテーマパーク」だったのだが、ガンダムベースではガンプラに絞った展示・施設になっててこれはこれでって感じ。以前の1/1コアファイターとかも好きだったんだけど、専有面積と維持管理コスト考えるとまぁ割に合わないだろうなー。

 

ガンダムベースでは新旧キットがずらりと並んで、ないものはないんじゃないかってくらいにガンプラが充実。いや、ないものはないんだけどね。

子供の頃欲しくても買えなかった1/60ザクとか、作った覚えのある情景モデルとかもあるし、1/35のホバートラックとかもあって笑える。新旧キットのサンプルが並んでいると、最近のHGUCにプロポーションがどうとか設定画とバランス違うとか文句つけるとか申し訳ないと思ってしまうくらい、最近のHGUCはキリッとしててカッコイイ。旧HGのジムコマンド見てると本体はHGUCにも見劣りしないとは思うのだが、マシンガンの造形とかダルくて眠い。単色の初期キットなんかもう「食玩か?」とか思っちゃうレベル。

 

で、せっかく出かけたので、普段と違うキットを買ってみることにした。HGガンダムデスサイズヘルカスタムメッキクリヤー版。名前長ぇよ!

サンプル見たら、少し古いHGキットだけどプロポーションとか悪くないなと思って。

 

f:id:hato_pyon:20180331230902g:plain

この圧倒的なボリューム感。新マジンガーのゴッドスクランダーみたいだね。いや、コウモリマントだけど。メッキやクリアパーツだと、ゲートそのまま無塗装パチ組みでも罪悪感ないからなー。

キットは古いが、パーツの合いは悪くない。ちょっとだけ隙間ができる部分もあったが、クリアパーツだからほとんど目立たないし。

プロポーションもいいし仁王立ちが似合う。

 

f:id:hato_pyon:20180331230916g:plain

裏から見ると、カマの刃のメッキに片面しか色付けしてないのがわかるね。

 

で、古いキットを作ってみて改めて思うのが、最近のHGUCって凄いなーって。

まずこのキット、手首がポリパーツ。そういやそんなキットが昔にはあったような記憶もあったが……今思い出したわ。挟み込みの関節ブロックも丸出しのポリパーツ。ヒジヒザの内側の、今だったらやわプラで作ってるような部分。HGUC初期のギャンなんかもこうだったと思うが、こういう歴史があったんだねぇ。

可動域も、やたらと狭い。肩は引き出せない、腰は干渉して回転できない、股関節はボールジョイントで気持ち程度しか動かない。

いや、最近のキットは好き嫌いあるにしても別次元だったんだな。足裏の肉抜きとか、技術じゃなくてコストダウンか手抜きみたいなところは許しがたいけど。

 

さて。勢いでウイングも買っちゃってるんだけど、どうしてくれようかなぁ。まぁ5機まとめて買わなくて良かったわ(笑)

HGUC ホバートラック作ってみた

HGUCホバートラックを作ってみる。

元々は陸ガン「地上戦セット」の付属品だったと思うが、私が手にしたのはプレバンのジムスナイパーII付属のもの。

f:id:hato_pyon:20180326223536g:plain

f:id:hato_pyon:20180326223544g:plain

もっとまじめに塗り分けるべきなんだろうけど、なぜかカブっちゃったし、「もういいや」な気分に。一応湿度計は確認しているんだが……

 

キットは「いや、私たちも本気を出せばこれくらいはできるんですよ」とバンダイが言っているかのように、細かいモールドがビッシリ。今人気のウェザリングとかやったら映えそうですなー。でも私はガンプラにスミ入れさえしないし、それと並べるにはモールドがクドい。バランスってぇモンがあるでしょうよ。

前方のクロー?ショベル?とリアハッチは可動。でもソナー?の杭は展開/収納の選択式。カーゴも輸送車としての幌と、センサー?か何かのユニットと選択式。こうなるとリアハッチなんかも選択式で良いんじゃねぇかって気がするんですけど、どうでしょう。

 

旧いキットのせいか若干の歪みや隙間があったんだが、強引な接着でごまかせるレベル。大した問題ではない。「本物の」レトロキットに比べたら、こんなもん隙間のうちに入るまい。

 

ホバーもカバーの下にファンのモールドがしっかりあるし、各部のモールドも細かいし、情景アイテム的なガンプラとして面白いアイテムだと思う。単品で500円くらいでいつでも買えると良いんだけどね。

コメント承認制にする

なんか、英語で変な薬の宣伝コメントが頻発したので、コメントを承認制にする。

誰からもコメントなんか付いたことない無名blogだから何の問題もあるまい(笑)。

 

それにしても、1日100アクセスもないこんな無名blogにまで絨毯爆撃するとは、どんだけ必死なんだよ。自分で宣伝しろ。

 

そもそも英語でコメントしてるって段階で、日本語オンリーの俺の記事なんか読んでないだろ。

 

何が言いたいかって、今期はゆるキャン△オーバーロードIIだったかなって事だ。