読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

ドリフトパッケージナノ走ってみた

ラジコン

昨日買ったドリフトパッケージナノに電池を入れて、初走行。

単三4本ってのは扱いやすいかな。赤外のトイヘリの時は6本だったからなー。ヘリでも2.4Gのシステムなら4本だったりするのかな。

 

まぁ、それはそれ。

さっそく定常円の練習……難しい!(笑)。ラジコンはそれなりに遊んだけど、あんまりドリフトとか興味なかったもんなー。「ドリフトはタイヤの性能を使い損ねた状態」みたいな意識だったし。

 

うちはホットカーペットのカバーがフローリングもどきで、都合が良い。滑らそうと思えばすぐに滑るし(コントロールできてないけど)、カウンターをあてればすぐ姿勢が戻る。さすがフルタイム4WDってところか。このバランスは、ドリ車としてはいい所だと思う。多分。

ドリフト遊びをするなら、三畳くらいのスペースがあれば良さそう。確実に定常円をキメられる人なら、もっと狭いスペースで遊べるだろうな。

 

室内用ラジコンとして昔はタミヤのタムテック、京商ミニッツレーサーとかも買ったけど、1/24だと室内ではやっぱりキツい。遊べなくはないけど、よほどお部屋に自信のある方でないと「走る」のはキビシイ。

その点、1/43サイズだとちゃんと走れる。レースはキビシイけど、そもそもステアリングがON/OFFなので本格的にレースするような車じゃない。パフォーマンスに徹するのが正解だろう。

 

ちなみに、部品交換することは全く意識されていない。バッテリーもモーターも交換不可。確かに安いから「新品に買い替えてね」でもいいんだけど、それでもボディ、シャシー、タイヤ、送信機くらいは別買いできるシステムにしてほしかった。

どうせオモチャメーカーは1シーズン生産したらすぐポイするだろうから、ヨコモさんで金型引き取って細く長く生産し続けてくれるとか。

そして、ドリフト入門DVDを添付して欲しい。残念ポイントはこんなところかな。