読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

フレームアームズ・ガール フレズヴェルク素体

さぁ、今日もまた陸戦型ジムは後回しだ。何色に塗るかイメージ沸かんしのう……

 

というわけで、フレームアームズ・ガールのフレズヴェルク買ってきた。

f:id:hato_pyon:20170126232801g:plain

7000円弱。高ぇなぁ。艤装をなくして半額にしてくれれば二つ買うのに。

 

さて、内容は基本的に「いつも通り」と思っていいだろう。デザイナーさんが違うとかまぁ色々あるが、構造としてはFA:Gフォーマットを踏襲。

 

f:id:hato_pyon:20170126233431g:plain

頭部。正面のクリアパーツのせいもあって、ヘッドギアはかなり目立つ。組み立て式アクションフィギュアとして楽しみたい人(俺だ)はちょっと注意。

 

髪の造形は細かくて彫りが深く、影とか入れなくても立体感ある仕上がり。パーツ分割も髪の分け目を意識しており、まぁ目立つといえば目立つけどこれはこれで許せる感じ。頭頂部から見なければあまり目立たないしね。

 

顔は相変わらずの、3パターンから選択。開口パターンもあるのがうれしいが、基本的にどれもキリッとした顔。笑顔とか寝顔とかもっと砕けた表情も欲しいね。

また、瞳デカールとのっぺら顔パーツも付属。不満のある人は自分で仕上げる選択肢もアリ……ってことで。

 

f:id:hato_pyon:20170126234016g:plain

胴体。胸の下に関節がある2分割ボディ。一見似た感じのバーゼラルドは腰にも引き出しのある3分割ボディだったので、ちょっと不思議な感じはする。

一応、股関節には若干の引き出し構造が仕込まれている。

 

組み立て式アクションフィギュアとして見る人(俺だ)注目なのは、首の付け根の飾りが大人しくなったことだ。轟雷・マテリア系のフリルや、バーゼラルドのVF-1Sとかは邪魔で仕方なかった。

 

今回も軽く首飾りは付いているが、まぁ関節部隠しに仕方がないんだろう。素体用に肌色でもっと自然な形にもできそうだけどね。

ま、美少女フィギュアやドールじゃなくてフレームアームズだから。

 

f:id:hato_pyon:20170126234231g:plain

ヒジは1軸。肩は1軸スイングとボールジョイント。手首は壊れると評判の、いつもの極小関節。腕の肌色とグレーの間にはハードポイントを追加する腕輪風のパーツを挟むことができる。

できるが、挟まなくても隙間ができたりしない設計になっている。さすがだな。

この辺の構造はこれまで作ったFA:Gと変わらないな。

 

f:id:hato_pyon:20170126235034g:plain

脚部もまぁFA:Gフォーマットを踏襲。フトモモにハードポイントを追加できるのは腕と一緒。

足首の関節軸が独特のナナメだったり、ヒザが2重関節だったりするのも従来通り。

 

f:id:hato_pyon:20170126235318g:plain

合体。手足にジョイントを挟まなかったせいもあり、寸詰まり感が強調された素体になっておる。「スク水」と言われるボディ造形の割に、スネのプロテクターやヘッドギアのせいでいかがわしさはない……と思うけど、そこは人によって捉え方は異なるか。

 

腰の分割をなくしたせいか、股関節の隙間がほとんど見えないのは驚きだ。すごい処理だと思う。

肩は、普通にボールジョイント。股関節の処理を見ちゃうと、ここももっときれいにできないものかなーと贅沢にも思ってしまう。メガミデバイスの肩甲骨可動を見た後では、格別可動が凄いってわけでもないし。

個人的には、装備付きの手足もあるんだから素体はもっとネイキッドな手足にして欲しいんだが……それをやったらもはやFA:Gではなくなるよなぁ。

 

f:id:hato_pyon:20170127000202g:plain

脚部の可動は、関節を引き出してもこの程度。体育座りなどは望むべくもなく。

関節部の目立たなさと可動の広さはやはりトレードオフだね。

個人的には、ホドホドの可動で見た目がきれいな方が好きなので、まぁこれはこれで良し。

 

f:id:hato_pyon:20170127000441g:plain

今回の素体で良いのは、上半身ののけ反りかな。飛行ポーズ的な格好でもちゃんと前を向くことができる。これは武装状態との関係かな?

 

こんな感じで。

 

FA:Gは作るたびに、ボディの試行錯誤がおもしろい。

一方で、腕脚の構造はもう完成形のつもりなのか、あまり工夫の形跡が見えないのは残念かな。いや、可動とかで特に不満があるわけじゃないけど、今回のフレズヴェルクでいうと肩関節の処理かな?可動を多少制限してもきれいな肩にしてみても面白かったかも。