読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

悪趣味

時事

ちょっと悪趣味な話なので、気分を害する人がいるかもしれないが。

生き死にの話なので、苦手な人は読まないことをお勧めする。

 

ニュースで見たら、どっかのスケートリンクで魚を氷漬けにしてその上を滑るという企画をやって、あまりの悪趣味にクレームが殺到して中止したんだとか。

作り物にしとけばよかったのにね。なんか水中で舞うイメージでスケートやったらどう?みたいなイメージだったのかなぁ。

 

別ニュースの釈明記事では、鮮魚店の売れ残りを使ったとか。

であればこれのためにわざわざ殺生したわけではないし、同情の余地はあるのでは?

ま、私は遊びには行かんけどね。

 

重大な点として、この弁明が100%本当であれば「スケートリンクに使わなくても、そもそも我々はそれだけの魚を無駄に獲って無駄に殺して無駄に捨てている」という現実ですよ。この企画を「無駄な殺生だ、悪趣味だ」と思うのなら、今の日本の消費活動をもう一度考えるといい。

娯楽施設としてやっちゃったのは悪趣味だとは思うけど、近代文明社会は無駄な殺生の上に胡坐をかいているというメッセージを持ったアートだとしたら評価されたんじゃないだろうか。

 

熱帯魚や爬虫類飼ってたらその辺の感覚が少々マヒすることがあるんだけど。

例えば観賞魚にアカムシとかイトミミズとか生餌として与えたりしますよね。

一歩進んで、大型魚に生きたコオロギを与えたり、そのためにコオロギを飼育繁殖したりもする人がいる。これはどう?

二歩進むと、ネズミを繁殖して生まれたばかりの子供を大型魚にエサとして与えたりする。これは許せる?

全部OK、あるいは全部NGって人は一貫した主義のある方で、ある意味合理的で論理的だと思う。

一方でもし、一部はOKだけど一部はNGだとしたら、その理由はどうして?

 

我々は、魚はもちろん鳥や牛豚を殺して食ってる。

多くの命を奪い、それにうまいだのまずいだの文句言いながら食ってるわけだ。昔は自分たちで必要な分を殺して必要な分を食ってたかもしれない。でも今は、どこか遠くの誰かが生き物を殺して血抜きして、食える部分だけを提供してくれている。そのことを忘れちゃいけない。

 

もちろん、私はベジタリアンではないし、肉は大好きだ。

別に肉食を禁じる宗教をやっているわけでもない。

だから、肉は食う。でもその向こうに命のやり取りがあることを無視したくないって話。

 

そもそもこれを悪趣味だとギャーギャー騒ぐ倫理観をもつ「人間」という存在が、戦争や内紛を行うというのがさっぱり理解できんわ。