読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

HGギャンスロット 完成

はい、というわけでギャンスロット完成。

いやー、嫁が外出してくれると作業がすすむわ(笑)

f:id:hato_pyon:20160904225301g:plain

f:id:hato_pyon:20160904225311g:plain

ギャンの面影はないように見えますが、変更されているのは頭、胸外装、肩、膝、足の甲、かかと、そしてバックパック。

逆にギャンのままなのは胴体の中身、腰、腕、脚。体の芯はほとんどギャンのままって事ですかね。

キットにはギャンのパーツも丸々入っているらしいので、部分的に戻したい人はギャンに戻せるそうです。全部戻してもいいけど、だったらギャン買えばいい話。

 

頭はナイトガンダム、顔はFSSモーターヘッド、胸はガンダム、バックパックはオーラバトラー……みたいな、悪く言うとどっかで見たようなメカデザインをかき集めたようにも見えなくもない。でもまぁそのおかげで「ロボアニメの主役機」「カッコいいヒーローロボ」みたいな感じになってますな。

多少おかしいところがあっても、ビルドファイターズという作品柄「何でもアリ」なのでまぁこれはこうだと言われたら許される面もある。

個人的には、全体的に直線的でシャープな線なのにスネ裾のベルボトムの曲線がどうにもミスマッチな気がするがね。でもここを消したらもうギャンの面影なくなっちゃうし、難しいところ。

 

次はキットとしてのツッコミどころ。

各部のゴールドはシール再現。モールドは直線的でしっかりしているので、マスキングしての塗り分けもアリでしょう。胸はシルバー部は別パーツなのに、ゴールド部はシール対応。惜しい。シルバーのパーツに同居させてくれれば良かったのに。

バックパックはボールジョイント接続だが、ボールも受けも普通のプラなので摩耗が気になる。首もやわプラから普通のプラに変更されているが、頭の受けの方はやわプラなのでまだマシか。

肩や足の甲の追加装甲のおかげで、可動に関しては制限が多い。格別悪いわけではないが、元のギャンより悪くなってるという程度。せっかくつま先の可動ギミックはあるのに足首の動きが悪いので、アクションさせたければスタンド推奨。

槍の石突き部分にちょっとだけ肉抜き穴がある。惜しい、実に惜しい。足裏も蓋パーツがあって肉抜きがほとんど目立たない良キットなのに、ここだけ……実に残念。

 

あと、自分用メモ。青はクレオスのGXメタルダークブルー、シルバーはクレオス8番、ゴールドはクレオス9番。

ゴールドに関しては、槍は透明感のある黄色の成型色、盾はからし色の成型色、肩のふち飾りはホイルシールで3種類ある。今回は全部クレオス9番にしたけど、色々使い分けるのも良いかもしれない。

盾の赤はクレオスのGXメタルブラッディレッド。初めて使ってみたけど、キャンディ塗装したみたいないいメタリックレッドだった。GXのメタリックシリーズは結構好みの色というか「この色欲しかった」みたいな感じでお気に入り。

今度普通のギャンをこの色で塗ってみようかな。