読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

REVIVE版ギャン パチ組みしてみた

ギャンといえば、HGUCでもNo.2。No.1のガンキャノンは「クリアパーツがないことを除けば」とか言われる傑作キットでしたが、ギャンは「ポリキャップ丸出しの関節部が……」と言われていました。当時はともかく今ではさすがに見劣りが激しかったので、REVIVE化は歓迎したい。

 

f:id:hato_pyon:20160522183107g:plain

とりあえず本体。可動も広く、ヒジヒザも関節の内側がポッコリ見えない造り。

前後スカートに裏打ちもあるし、色分けもほぼ完ペキで、シールはコクピットとモノアイのみ。

肩のポリキャップのカバーもあるし、まさに今風のリメイクとして期待される以上の出来と言ってよいでしょう。

安価だし、パチってアクションフィギュアとして遊ぶには最高だと思う。

 

合わせ目は手首のカフスの部分と、スネの後ろに少々。スネの前も合わせ目が出ているのですが、稜線に沿ってピシッと合わさっているのでほとんど見えません。

他に、頭の下半分にも前後合わせ目が出ます。これはモノアイ部を削れば後ハメできそう。試してないけど。

 

胴体の可動部が胸下と腰の2段で仕込まれているので、よく動く半面立ちポーズは決めにくいかな。

 

マイナスポイントとしては、手かなぁ。サーベルには手首が動く専用手首があるので、素立ち用の握り手に穴は果たして必要だったのだろうか。

右手にただの握り手(または平手)を付けると左も付ける必要があるというのなら、いっそ右手はサーベル専用手首だけでも良かった気がする。

だって、ギャンはサーベル持たせるしかないでしょ。

 

あと、スネ下のふくらみ。こんだけボワッと膨らんでるのに、中にバーニアがあるでもなく、可動のためのギミックがあるでもなく、無駄なベルボトムになっちゃってる。

穴あき握り手を減らしてバーニアでも付けてほしかったわ。

 

頭部アンテナが太くて短いのは写真で見たときにすごく気になっていたが、作ってみるとそうでもない。これはこれでいいかって気になった。

ヒジ関節の2重関節の折れ方はちょっと気持ち悪い。丸モールドと全然違うところからポッキリ折れるくらいの勢いで曲がるので、ビジュアル的に微妙。さらにヒジ折れ目の裏打ちがあるのはパチ組みとしては良設計だが、後ハメ加工はやりにくそう。カフスの外装を切り落とすのが一番素直?

 

f:id:hato_pyon:20160522183119g:plain

こんな格好するわけないけどさ。

シールド基部は複雑なジョイントで、側面に持つことも正面に構えることも可能。ギャンはキット化されるたびにこういう複雑なギミックが仕込まれますね。

格好いいポーズが決まるので歓迎だけど、他機種の基部は全然テキトーなのでつり合いとれないなぁとは思う。

 

f:id:hato_pyon:20160522183127g:plain

後ろスカートやつま先が可動なので、踏み込んだポーズとかとりやすい。サーベルしか武装のないギャンとしては(いや、シールドに色々あるけど)、これ大事なところだと思う。

あ、足裏の肉抜きがないのも評価ポイント。

 

f:id:hato_pyon:20160522183135g:plain

手首も含めて、全身の可動ポイントが結構「イイところ」にあるし、スマートなヒーロー体形だし、今風のかっこいいギャンですよ、間違いなく。

これさえあれば、サザキ君ももっと上が狙えたね。

 

パチなら文句はないけど、後ハメとか考えるとちょっと悩むな。