読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

米国とヒロシマ

時事

ケリーさんがヒロシマ訪問とか、オバマさん訪問の流れとか、色々ありますな。

 

米国では、原爆投下がWW2終結のために必要であったという世論が、まだまだ根強いとか。ま、ここまでは客観的事実の話。

 

ニュースによると、ケリーさんが原爆資料館を訪問している映像は非公開とか。「たまたまうつむいている写真を“謝罪”と解釈されたら困るんじゃないか」とか色々ニュース解説番組で深読みしてたけど、まぁそういうこともあるでしょうね。

 

で、ここからは私の意見。

 

今、米国に「謝罪」を求める日本人ってどれくらいいるのかな?って疑問。だって私は、米国に謝罪してほしいなんてこれっぽっちも思わない。こういっちゃ何だが、世界大戦中って世界中が狂ってた時代と思ってる。個人としてはともかく、国家の軍隊と軍隊が互いに人間に銃を向けて殺しあってた時代。その時点ですでに狂ってる、言い換えると非人道的行動なので、自分たちもそうだったし相手もそうだったのだ。「謝罪と賠償を要求するニダ」とかいつまでも言ってる場合じゃないのだ。互いに反省、そして繰り返さない決意、それでいいんじゃなかろうか。そうするしかないんじゃなかろうか。

 

米国側の立場だと、米兵の命を懸けて正面から喧嘩する事はない。空襲や大量破壊兵器なら自国民の被害を出さずに一方的な攻撃が可能なのだ。そうしない手はあるまい。

もし「非人道的兵器を使った米国は鬼、悪魔の権化だ」と言うとしたら、その命令に従った米兵たちの気持ちはどうなる? 彼らは「自分は間違ってない。こうするしか仕方がない状況だったのだ」と思うしかないのだ。

当時の日本は米国の目から見たら、少年兵に自爆特攻をさせる常軌を逸したキチガイテロ国家だったのだ。結果からしたらオーバーキルな攻撃だったけれども、当時の米兵から見たら「何が飛び出すかわからない、未知の狂信民族」だったに違いない。そんなキチガイ相手に手加減なんかしてる場合じゃなかったろう。

 

もちろん、どさくさまぎれの米国の技術実験だったことはわかっている。だが、立場が逆なら日本人も同じことをやっていただろう。いやもっと過激なことをしたかもしれない。世界中が狂っていたのだ。それに対して「謝罪と賠償を要求するアル」とか言うものでもないだろう。

 

反省と、繰り返さない決意。そのためには、敵意や挑発的な気持ちを捨てることが必要なんじゃなかろうか。「反米教育」「反日教育」みたいなことを行うよりも、相互を理解し、協力的な関係を築き上げていくことが「繰り返さない」ために必要なことなんじゃなかろうか。

 

そういうわけで、私は米国の要人たちに、安心して存分にヒロシマナガサキを訪問してほしい。私は彼らを非難しないし、謝罪を求めたりもしない。歴史認識の共有も賠償も求めたりもしない。もちろん、なかった被害までねつ造して訴えることなんかしない。

「あったこと」を「あったこと」として互いに知り、二度と「狂った時代」を招かない方法を考えて行けるならそれで十分だ。