読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

アニメ最終回感想色々 その2

アニメ、TV

ゴッドイーター

ゲームでは駆け足だった部分を補完してて悪くはない気もしないでもないけど、逆にアニメだけでは断片的すぎてどうにもならない、みたいな。

特番を何回もはさんでみたり、グダグダだった印象ばかりが残る。もちっと丁寧に作ってほしかったなぁ。

 

 

「WORKING!!」

今期はもうエピローグとして見た方がよかった。

数々のすれ違いな人たちが収まるところに収まってまとまるお話。次々と変な人が出てきて変になマンガだと思っていたので、過去に登場した変な人たちがどんどんくっついていくのは期待外れだった。

俺の期待がヘンだったんだろうけど。

 

今まで広げきった風呂敷を丁寧にパタン、パタンと畳んだ印象。そういう意味ではしっかりした作品だった。

 

 

ガッチャマンクラウズ

1期と連続した話だし、連続してやった方がよかったな。そうすれば1期の「はぁ?」みたいなラストも許せるのに。

だが、テーマが重すぎて扱いきれてない。人の善悪、より成熟した思考を持つ社会への“アップデート”、クラウズの是非……等々。そのせいでガッチャマンの名を冠しながらガッチャマンは主役になりきれないし、もはや2期ということに甘えて各ガッチャマンの紹介さえほったらかし。

まずはテーマをどれかに絞る。そして、そのテーマに対する各ガッチャマンの姿勢や行動を軸に話を展開すれば、もっと整理されると思う。

 

 

「怪獣酒場」

石坂浩二さんにしゃべらせたいだけだよな。まこんな感じでしょ。

 

 

うたわれるもの

古代日本ファンタジーだと思っていたら、しばらく見ない間にSFになっていたでござるの巻。

最終回としてベタだけど、やっぱりベタは安定感ある。