読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

ラノベが苦手な僕は間違っているのだろうか

なんとか頑張ってラノベ風のタイトルを付けてみたり。

 

いや、用事があって書店のラノベコーナーを見たら、最近アニメ化された作品ってラノベ原作も多いですねぇ。

 

ま、私はラノベ苦手なんだけど。全部を読みつくしたわけじゃないけど、流行り始めにいくつか見てみたらあまりの文章力の低さについて行けなかった。

「読者が想像力でフォローしてあげるのがラノベの読み方」という話も聞いたことがあるが、それってノベルじゃなくて何か新しいメディアだよなー、と。

 

ま、それはそれとしてだ。私は別にラノベを全否定するわけではない。あまりにも未熟で荒削りではあるが、創造する「物語」には面白いものもある。

そこをコミック化やアニメ化で補完してあげると、一つの作品に昇華できることもあるだろう、と。ラノベを下敷きにして読者が妄想をふくらますのが楽しみ方であれば、絵師やアニメスタッフがその作業を行ってやることで一つの完成した作品となることもあるだろう。

 

だが、バカな作品はアニメ化してもバカだなとも思うぞ。

具体的にどれとは言わないけど。

 

作者を育てる面では、一長一短かな。拙い文章力でも面白い話を語れるのであれば、その才能を発揮する機会があるのは良いことだ。だが一方で、中学生の作文のような妄想垂れ流しの文章をそのまま世に送り出してしまうのはいかがなものかと。出版社の人がうまくリードして育ててくれればいいだろうけど、出版社は小説学校じゃないからなぁ。作家さんのやる気しだいか。