読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

利己心

戦争反対=利己心だってね。ざっくり言いすぎだけど。

 

とりあえず好意的に考えてみるとして

 

これからしばらくは俺の趣味では全然ないんだけど、戦争に積極的な人の論理を想像してみる。

今の国際情勢の中、日本だけ涼しい顔していられない。

北朝や中国の軍事活動の近くで、全てを米軍まかせにしてられない。

国連として武力干渉する機会も増え、常任理事国入りを目指すなら金だけじゃなくてもっと積極的に関与しなきゃならん。

戦争を起こすつもりはないが、刀を抜く必要出るときにはきちんと抜けるようにしておくべき。

……みたいな感じかな?

まぁ、これはこれで筋の通った意見の一つだろう。

 

でも日本は、世界でも稀なことに「もう戦争ヤメタ!」と言っちゃった特異な国というのも一方の事実。

国連や米国が何と言おうと、日本は戦争しないんだ!」

ってツッパるのもカッコ良くない?

 

利己心?あっちから見たらそう見えるのかもしれないけど。

でも大勢に流されずに自分の正義を貫くって、流されるよりよっぽど勇気のいることだと思うよ。

 

「いざとなったら戦争(大規模な殺人劇)をすることこそ正義だ」

と思ってる人に理解してもらうのは難しい事だと思うけどね。

 

死刑(死に値する犯罪を犯した人への処罰)廃止論者がいる一方で、いざとなったら戦争も仕方ないと思う人もいる。世の中って不思議だね。