読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと好き勝手に遊ぶ

「趣味なんてこの程度でいいんじゃない?」とユルく生きてみる

REVIVE版ガンダムをパチってみる

REVIVE版HGガンダム

REVIVE版のガンダムが発売になったというので、とりあえずパチってみることにした。武器はライフルとシールドしか作ってないけど。

 

f:id:hato_pyon:20150723231010g:plain

最新のフォルムの中に、どこか「ユルさ」を感じさせる佇まい。ん~、ある意味微妙(笑)

やっぱりスリッパの小ささやつま先上がりの形がナニなんだろうか。

それともやわプラのグレーが妙にオモチャっぽいからか。

アニメのグレー塗りに近い色なので、まぁある意味「正しい色」なんでしょうねぇ。

ランナーは3枚。多色整形が一枚と、白と、グレー(やわプラ)。これにポリパーツとサーベルのクリアパーツが付きます。

 

ちなみに、シールはフンドシのVマーク(女性用下着でいうリボン)と、ツインアイ、メインカメラと後部カメラ。あとは全部成形色での色分けです。

価格を考えると「超がんばってる」と言えるんじゃないでしょうか。

 

手首は穴開き手、平手、右手武器持ち手。まぁライフルとシールド持たせてたらこれだけで十分な気はします。

 

合わせ目はふくらはぎの後、肩、前腕、アンクルガード、ヘルメットに出ます。ふくらはぎはポリパーツ接続なので後ハメは無加工。前腕、肩、アンクルガードはモールドで誤魔化してあります。

でも、頭。バックリ前後割りなので、こいつはちょっとねぇ。まぁクリアパーツはツインアイだけで上まで行ってはいないので、たぶん定番加工の下から後ハメで何とかなるでしょう。

 

一方、ビームライフルは可動部も多いのにモナカ割りなので、こっちは難儀すると思われます。

 

f:id:hato_pyon:20150723231021g:plain

 

ヒジヒザのマルイチモールドは奥が関節バーツのグレーになっているので見た目上々。でもアンクルガードはそうなっていないので、チグハグな感じがします。ん~、惜しいなぁ。

 

謳い文句の可動は、可動部が少ない割にツボを押さえている感じでナカナカ。でもMGやRGを作ったことがあると、さほど新鮮味は感じません。

それに腰や股関節のせいか、妙に足がヒョロ長くて気持ち悪く感じます。素立ちだとあまり感じないんだけどなぁ。

 

f:id:hato_pyon:20150723231045g:plain

そこそこ動いて、色分けも上々。

「安価なアクションフィギュア」として楽しむのが良い気がします。